裏返し
今、敷かれている畳についている「ゴザ」を裏返して使う方法です。
通常、前回の「表替え」または「新畳」から2・3年後に行ないます。
※シミや傷などがひどいと、裏返しが出来ない事もあります。
特に「居間」などひんぱんに使用する部屋の場合は注意が必要です。

表替え
今、敷かれている畳についている「ゴザ」のみを新品に交換する方法です。
前回の畳替えが「裏返し」だった場合は2・3年後、「新調」または「表替え」だった場合は5・6年後に行ないます。

新畳(新調)
読んで字の如く、畳本体全部を新品と取り替える方法です。
「新調」をする時期は、畳床(土台)の傷み具合(凸凹やすき間など)によって変わってきます。

※ 畳替えは5年に一度が最適
「裏返し」「表替え」「新畳」にはそれぞれ適切な周期があります。
「新畳」の場合は床の傷み具合が目安になるため、使い方や手入れの仕方・敷かれている状況などによって周期も大きく異なってきますがいつも直に接している畳表は、やはり一定の周期ごとに取り替えた方が良いでしょう。
畳替えを定期的に行なうことは、同時に「大掃除」を定期的に行なうことにもなります。
畳替えをする場合は必然的に部屋の家具全てを移動することになるため、普段の掃除ではなかなか手のとどかない所でも残さずきれいにできるというわけです。


≫ 畳表がボロボロと衣服につきませんか?
≫ 畳の表面に家具の跡などの凹みが目立ちませんか?
≫ 畳表に破れや焦げ跡などはありませんか?
≫ 畳と畳の隙間が開いていませんか?
≫ 畳表の色が濃い茶色に変色してボロボロになっていませんか?
≫ 畳表に染みなどはありませんか?
≫ 畳が湿っぽく、カビ臭くないですか?
※上記のチェックが2つ以上あったら畳替えを検討して下さい。


畳の横側についている布の事です。
柄は様々あり、最近では無地のものや縁(へり)自体が無い縁無し畳も流行っています。
柄によって畳や和室の雰囲気ががらりと変わるので、『畳の服』とも言えます。

畳表(ござ)
『畳表の顔』の部分です。普通の畳表(ござ)は染土という染料を使って染めてあります。
新しい畳を雑巾で拭いたりすると雑巾がほんのり緑色になりますよね?それは染土がとれている証拠です。
染土は天然の土ですので、有害な着色剤では無いのでご安心下さい。
生産地・農薬の種類・品種など様々な種類があり、最近では和紙などを使用した化学表も出回りつつあります。

畳床(たたみとこ・とこ)
『畳の体』の部分であり、普段は絶対に見えない部分です。
昔は藁(わら)でできた畳床が一般的でしたが、最近は建材(ボード)床や他にも様々な床があります。
当社でもオリジナルの畳床があります。
畳の性能に大きな影響を与える部分なので、新畳を考える際には最も注意したい部分です。